悩む癖を止めたい。

ズンバ始めてみよー。頭すっきりするかも。

 

 

 

最近思ったこと。

アウトプットが足りなさすぎる

勿論インプットももっとやっていきたい

でも、それよりアウトプット力がよわいな〜。

今まで以上にインプットとアウトプットやっていこ!

日記を日々つけて、色んなところに行って色んな経験をしたい。そしてそれを文章や写真で公開したい。

色んなことやってアウトプットもっとするのを強化しよう!

 

興味ある仕事もあるし、旅もしたい。

まだ行ったことない日本に行ってみたいしアジアを回ってみたい。留学にもワーホリにも行きたい。フォーリナーフレンズもほしいし一緒に旅行にいくようなクローズフレンズもほしい。

結婚もしたいし子どももほしい

やりたいことだらけだな〜〜

東京

憧れていた東京での生活が終わった。2年3ヶ月だったけど正直社会人になって地元で働いた3年半よりはるかに濃い生活だった。書き留めたかったんだけどやる気が出ず…でもやっと書く気になれた…

 

今年の1月いっぱいで東京の会社を退職した。2年3ヶ月勤めた。地元で働いていた頃私には夢がありその夢に近づく為に東京で働いてみたいと思っていた。そして勤めていた会社を辞めた時開放感と希望でいっぱいで「東京で働く」という夢を持った23歳の私はスーツケース1つで上京した。仕事も家もお金もなかったけど、とりあえずシェアハウスに住み、私の夢は「自分のお店を持つこと」だったのでその夢を果たせそうな個人で経営しているようなお店で働きたいと思い高円寺、下北、吉祥寺、原宿など色んな店を練り歩いては求人をチェックした。そして高円寺の古着屋で「求人 バイヤーやってみたい方」という貼り紙。私はお店に履歴書を持っていき後日社長と社長の奥さんと面接をした。

私はあまり明るいほうではないが、明るく振る舞いそれが良かったみたいで次の日合格の電話がきた。嬉しかったけどこの店は人の入れ替わりが激しく人手にとても困っていたようだった。働いてみると人の入れ替わりが激しい理由はなんとなく分かってきた。まずほとんどの人が地方から上京し1人暮らしをしているが時給が安すぎる。最初は800円スタート(その当時の東京都最低賃金は950円くらいだった)

あと働いていて感じたのは社長が社員を信頼していない…というか…あまり社員のことを見ていない。そのくせに仕事できない人の首を簡単に切ったりと結構酷かったと思う。

私は上京したてだったので日々やる気に満ち溢れていて毎日仕事に没頭しバイヤーのような仕事もできたし次第に店長にもなって時給も980まで上がった。ひたすら動いて、残業して、でも苦痛ではなかった。お店の売り上げも前年比200%超え利益も出ていた。社長も嬉しそうだったし「他の人よりよく働いてくれる奴」みたいな感じで社長からも少し好かれていたと思う。実際、退職を社長に告げた時も辞めるギリギリまで説得された。

決して地元である田舎にいては経験できなかった仕事だと思う。利益のおかげか社員旅行で1回韓国にも行った。結果会社のやり方に今後ついていける気がしなくて辞めてしまったけど上京してこの仕事についたのはとても私のためになった気がする。

私は店長として、人一倍店をよくしたくて努力したし社長の為にもなりたかったけどこれはどうやら独りよがりだったみたいで正直他のスタッフは向上心がなくあまりやる気がなかったし売り上げを伸ばしたところで社長の懐がだった温かくなるだけで私には無関係だった。

これを知り合いに相談したところ、まあそんなもんでしょ。そのうちこんなもんだなーって分かるよって言われたけど、私には全く意味が分からなかったしそのうち分かる気もしなかった。第一分かりたくもなかった。社長に時給を上げてほしいと交渉したところ承諾してくれたが上がったのはたったの10円だった。

シェアハウスを出て(団体行動が苦手な私がシェアハウスに住むのは中々難しくそのシェアハウスに住んでいる住人の年齢層も雰囲気も高く殺伐としていて友達も出来ず半年で退去した)一人暮らしを始めた私には生活も厳しいし色々不満もありこのままでいいのかな?と思うようになった。繁盛したお店は日々お客さんでごった返していて大変だった。勤めて1年半くらいで一通り経験させてもらえて、でも会社は小さいし次のステップというものを見出せずこのまま同じ毎日を繰り返すことは嫌だなという思いと、会社に対する不満が私の中を渦巻いていた。

恐らく会社に不満を抱き没頭できなくなった時点でもう無理だったと思う。心を殺して働くのは時間の無駄だと思うからだ。私は半年くらいあまりやる気なく働いてた。頑張る意味を見失った。もうここには居れないない、でも次どうしよう、お店出そうか、でもそんな覚悟もやっていける自信もない、第一「洋服のお店を持つ」という私の夢もこの時かなりブレていた。やりたいことがなかった。仕事に没頭できなくなったと同時に私の洋服に対する愛もどこかにいってしまった感じだった。

働いている間は将来の準備もせずただひたすらくたくたになるまで働いて家に帰ってからや休みの日はだらだらしてばかりだった。又、給料が十分でなかったので休みの日には居酒屋さんでアルバイトしたりもした。時給が高いところで検索をかけると夜の仕事が多くでてきて私は洋服屋での仕事が終わり深夜まで時給2000円のスナックでの仕事も始めた…が、コミュニケーション能力が低い私には向いていなく会話が途切れ不穏な空気が漂ったり、3人くらいでついた時全く会話に入れず終いには客にもっと喋れやと罵声を浴びせられ帰り道1人で泣いたり好きでもない客に恋されて好きなふりをするのとか無理だったしまずお酒が嫌いだから向いてなかったんだけど本当にスナックで働いていた日々は最悪だったし改めて東京で一人で生きていくのは難しいと痛感した。

今後どうしようと悩み、私は東京に友達もいなかったので占いに行くことにした。今後どうしたら良いか話を聞いてほしかったしアドバイスも欲しかった。だけど、その占い師(70歳くらいの女性)が中々辛口で学がない、取り柄がないみたいなことをひたすら言われたんですよ普通に心が折れて、でも見事に正論だったから受け入れるしかなくて、そしてその占い師のかたが気晴らしにワーキングホリデーでも行ってきたら?海外に行くと色々見えてくるかもよという助言を真に受けてそのために語学を学びにフィリピンに3ヶ月行ってきた。フィリピンは英語が第一言語ではないけど、物価が安いので語学を学びに留学する人が今多い。占い師の言うこと真に受けて海外行くなんてf^_^;って感じだけど、当時の私はそれくらい焦っていたし自分と環境を変えたくて必死だった。占いに行った帰り道にワーキングホリデーに行こうと考えて次の日には退職することを社長に伝えた。やっと開放される、そんな気分だった。

 

そして1月いっぱいで退職し私はフィリピンへ旅立った。

セブ

3ヶ月のセブ語学留学生活がスタート!!!

1週間が経った✌︎('ω')✌︎

生活は…まだ色々怖くて不安だけど大分慣れてきたと思う!

勉強は…不安!!果たして英語喋れるようになるのか!!

発音はよくなってきてる気がするから積極的に発言して単語覚えて文法学んでいくしかないな

、、

1週目は割とグッタリだったけど、2週目も頑張る!もっと喋れるようになりたいから自分から喋って予習も復習も自主勉もしよー。

お店とかで英語が通じないのがめちゃくちゃ悔しいよね

1週目は色々心折れた案件があった✌︎('ω')✌︎

グループレッスンで心折れたり授業についていけなくて心折れたり慣れないことばかりで心折れたり大学生にワーホリ行きたいことを馬鹿にされて落ち込んだり…せいぜい就職しか先がブラックで苦しむが良い…まあ色々あったけど気にしてはいられないな✌︎('ω')✌︎

出口が見えない迷路を突き進むのみ✌︎('ω')✌︎✌︎('ω')✌︎

 

でも無駄に働いてた日々よりは充実しているような、、充実させなきゃな✌︎('ω')✌︎

 

 

 f:id:yoshino040229:20180211212838j:image

いつかは乗ってみたいジプニー!!

7ペソと安すぎる!日本円で20円くらい?

f:id:yoshino040229:20180211212937j:image

果物が安い!でも路面のお店は不衛生だから買わないほうが良いらしい…!

f:id:yoshino040229:20180211213205j:image

念願のジョリビー!日本にはまだないフィリピンで人気のファースト店

f:id:yoshino040229:20180211213343j:image

これで120ペソ?日本円で250円くらいとフィリピンは食べ物の値段が安い!

パン屋に行くと1つ6ペソのバターロールがあってびっくり。

でも日本食屋さんは高い

f:id:yoshino040229:20180211213519j:image

たべかけだけど、とにかくフィリピンのご飯は油っこくて味が濃い。味噌汁しょっぱい。天ぷらが無駄にボリューミー。野菜炒めもぎとぎとでうぇっ)^o^(となってしまった…

日本円で1000円くらい。もう行かない。牛丼食べたくなったら来るかもだけどಠ_ಠ

食べ物が美味しくないのが悩みー。

あと11週間、何食べようwチョーイングくらいだな今のとこマシなもの。

お昼→パン 夜→マシな中華くらいしかないなまじで食べるものがないー!!

困った困った(´⊙ω⊙`)

 

とりあえず明日から2週目が始まるので頑張ります!!!